Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

25歳までにしなければならない59のこと

25歳までにしなければならない59のこと25歳までにしなければならない59のこと
(2009/09/18)
中谷 彰宏

商品詳細を見る


中谷本。気付けばもう私も25歳。新しく出てくるアイドルはみんな年下になってしまった。通勤電車を降り駅の雑踏を泳ぎながら、このサラリーマン群の誰かに自分はなっていくんだろうな、と思う。30代、40代、、年を取った自分と同じような人がこの中にきっといるんだって思う。

本書だけど、やっぱり中谷本は良いな、と思う。特に「25歳までに雑な仕事をしていたら、それ以降誰も仕事を頼んでくれなくなる」という言葉には危機感を抱いた。社会人二年目に入り、少しダレていたが、ビジネスパーソンとしてもう少し緊張感を持たなければならないな、と思った。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/18(日) 08:43:31|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーカルポイント

フォーカル・ポイントフォーカル・ポイント
(2009/10/03)
ブライアン・トレーシー

商品詳細を見る


やっぱり翻訳本はハズレが多いな、と思った本書だった。レバレッジシリーズの本田直之が類書を見ない名著だと前書きで絶賛していたので、期待していたが、書かれているのは結構ありきたりなことだった。「目的を持つ」と「ポジティブシンキング」の2点に終始している。「なりえる最高の人物になれ」など字面の美しい言葉はあったけれど、それほど価値のある一冊ではなかった。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/14(水) 07:06:36|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9・15 リーマンショック

9・15 リーマンショック (祥伝社新書174)9・15 リーマンショック (祥伝社新書174)
(2009/08/26)
片山 修

商品詳細を見る


リーマンショックに関する、国内企業トップの見解集。三菱商事の話が良かったな。世の中の動きに合わせてあり方を変えていくという姿勢がいい。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/11(日) 19:39:19|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


未来を予言するカカシのいる島で起こるファンタジー。伊坂幸太郎らしい緩い小説だった。物語としてはイマイチな感がある。処女作とはこういうものなのかも知れない。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/09/30(水) 22:58:51|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年まで待ちなさい

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用
(2009/05/22)
菅下 清廣

商品詳細を見る

国内は日経平均が10000円まで回復していることもあり、「あれ、不況終わってね?」的な空気である。NYダウを見ても復活を遂げているように見える。しかし、リーマン・ショックに幕を開けた世界金融恐慌の根本原因は何ら解決されておらず、第二波の予断を許さぬ状況にあるという。

また、今回の金融恐慌は世界経済の転換点となり、この期に乗じて、アメリカの地位は中国に取って変わられる。直近ではドル円が90円の円高傾向だが、著者によると70円や、場合によっては50円もありうるという。日本にとっては恐ろしい状況に思えるが、アメリカから中国へと支配権が移ると共に、ドルが通貨機軸でなくなればドル円は問題視する必要がなくなる。これからは東アジアの輸出に依存すればよいのだから。

日本人はいまだに洋物をありがたがる傾向が強く、日本の技術や製品を誇る割には、日本製品に対する評価を低く見積もりがちです。中国で日本の製品が売れているというニュースが伝わっても、欧米人に売れて評価されなければしょうがないとばかりに満足できないのかもしれません。
こうした認識は今後、必ず覆ります。
  1. 2009/09/29(火) 06:51:45|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。