Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

給与明細は謎だらけ

給与明細は謎だらけ (光文社新書)給与明細は謎だらけ (光文社新書)
(2009/04/17)
三木義一

商品詳細を見る


「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んだ時に印象に残ったことは、金持ち父さんが異常なくらいに税金のことを気にしていた、という点だ。収入のうちの税金の占める割合はかなり大きく、節税できれば旨みがあることは違いないと思った。この本を手に取ったのはそうした経緯からである。

この本の中身は主としてサラリーマンの所得税に関するお話だ。同じ税金でも住民税についてはあまり詳しく書かれていないし、事業者所得についても触れられていない。そんな限定的なテーマだが、法律は異常なほど詳細であり、本の扱う知識量としては充分だった。

隙あらば法律の欠陥を見つけて、節税に励もうかと思っていたが、法律はずるい考え方を先回りするようになっていて、つけいる隙は見当たらなかった。詳細に電卓を叩けば、節税できるかも知れないが、そうした泥臭いことなしには、まず思いつかなかった。

しかし、税法について知らなかったこと・誤解していたことがかなりあり、発見は多々あった。税法は勉強しない限り、知ることはできない。義務教育では習わないからだ。それなのに、支払わなければいけないものだ。だから、サラリーマンは何も知らないでも支払えるように制度ができている。しかし、何も知らないままいるのはおかしい、と個人的に思う。

次は事業者所得について調べたい。あるいは住民税についても知りたい。事業者所得は節税への勝ち目があるのではないか、と思っている。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/09/08(火) 22:24:04|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再発見 夏目漱石 | ホーム | 2010年度版 図解一目でわかる最適資産運用法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/385-2e57860b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。