Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年度版 図解一目でわかる最適資産運用法

2010年度版 図解一目でわかる最適資産運用法2010年度版 図解一目でわかる最適資産運用法
(2009/05/28)
SBIグループ

商品詳細を見る


株、投信、外貨、不動産、年金、住宅ローンが資産運用方法として紹介されています。これらの中で最も発見があったのは、年金です。とりわけ確定拠出年金は税金が控除されるのがかなり魅力的に見えました。ちなみに税金は課税所得によって以下のように税率が決まっている。

・195万円以下 5%
・195万円超 10%
・330万円超 20%
・695万円超 23%
・900万円超 33%
・1800万円超 40%

つまり、確定拠出年金に投資すれば、最低でも年率5%以上の利益を得たことと同じです。単利とは言え、ローリスクでこのパフォーマンスは美味しいと思います。また、運用益は非課税なので、複利効果も他の投資よりも大きいです。

ただ、年金の受け取りは、退職後、契約で定められた年齢以上になってから、という条件があります。定年前に退職したらどうなるか、満期前に解約したらどうなるか、など気になる点が結構ありました。また、年金取り扱い会社の手数料はどの程度なのか、年金基金の運用は契約者本人に責任があり、運用方法の選択肢が限定されているようなので、原本割れのリスクが大きいのではないか、という疑問もあります。

リスクとリターンが綺麗な相関を成している株などと比べると、メリットが異質でリスクが見えにくいので、充分調査する必要がありそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/06(日) 10:56:14|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<給与明細は謎だらけ | ホーム | 金持ち父さん 貧乏父さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/384-00c38aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。