Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(再読)成功のタネを蒔く人

成功のタネを蒔く人成功のタネを蒔く人
(2009/03)
ガイ ブラウニング

商品詳細を見る


経営者は一流の学歴を持つコンサルタントを抱え、マーケット受けの良い斬新な改革を重視するが、そういった改革はリスクが高いうえ、社員の士気を下げる一方である。一方で、現場からの改善要求はなかなかトップまで届かない。本書のストーリーでは、権限譲渡を宣言しつつも、経営トップと現場の中間層で情報が遮断された組織が描かれている。

初読の時は、ずいぶんと感銘を受けたように思ったが、二回目読んでみるとそれほど・・・という印象だった。肥大化した組織では、経営トップと現場の間に中間層が介在せざるを得ず、本書のストーリーのように現場の作業者がトップに直訴できない状況にある。ライオン(株)のように中間管理層が責任を持って、改革の運用を行えれば良いが、皮肉なことに肥大化した組織ほど中間層は経営にも現場にも無関心である。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/08/16(日) 22:13:56|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プリズン・トリック | ホーム | なぜ、この会社は変われるのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/375-77db06f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。