Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メディアの支配者 上

メディアの支配者 上メディアの支配者 上
(2005/07/01)
中川 一徳

商品詳細を見る


堀江貴文によるニッポン放送買収劇では窮地に立たされ防戦一方だったフジテレビ側、日枝久会長。しかし、彼も元は社内クーデターにより現在の地位を得た身だった。権力闘争により利を得たものは、他の誰かの仕掛ける権力闘争に身を晒し続けなければならない。

絵本みたいな書籍が氾濫する今の書籍市場では類を見ないほど濃厚な一冊だった。品行に一切非のない人間が駆逐されていく企業上層部の人事にはロジックも倫理もない。あるのはおぞましいまでの人の欲望とか、体のいいだけの嘘だけだった。しかし、こんな正しくない在り方に、面白さを感じてしまうのは、何故だろうか。

本書後半で描かれていた戦前戦後にかけての日本経営の変化も興味深かった。日本の会社では、会社の所有者である株主の立場が弱く、経営陣の方が強いのだが、これはGHQ統制下で過剰な民主主義を反映してのものだったのだと知った。戦後の高度成長期にはこれが功を奏していたが、今では、成果ではなく権力に重きを置いた人事がまかり通る要因になっている。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/06/28(日) 10:24:48|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009年上期 読書総括 | ホーム | 空と君のあいだに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/359-19567421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。