Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多変量解析のはなし

多変量解析のはなし―複雑さから本質を探る (Best selected Business Books)多変量解析のはなし―複雑さから本質を探る (Best selected Business Books)
(2006/08)
大村 平

商品詳細を見る


■内容

統計学の入門書。数学をあんまり使わないので、さらっと読めて読み手に優しい。三角関数や微分は出てくるので高校レベルの知識は必要となってます。

■感想

世の中の統計分析ってこうやってるんだっていうのが分かって面白い。統計って、数学っぽいんだけど、計算する人の考え方も結果に反映されるという世界で、何か楽しい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/03/06(金) 08:16:34|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「残業ゼロ」の仕事力 | ホーム | 眠れなくなる宇宙のはなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/326-61eed09e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。