FC2ブログ

Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか (光文社新書)新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか (光文社新書)
(2009/01/16)
樋口弘和

商品詳細を見る


■内容

面接では輝いていたはずなのに、フタを開けたらダメ社員だった、ということがよくあるらしい。同時に一流人材の育てられない無能な上司の問題についても指摘されている。双方の改善が新人教育には必須だということと、どうすればよい人材を採れるのかについて書かれている。

■感想

学生たちは企業に時運の将来価値を委ねることをあきらめ、自分のキャリアを自己責任で築いていこうと真剣に考えています。つまり、自分の責任で自分の職業人生を築こうというのです。こうして彼らは「3年後の自分はどうあるべきか」「30歳までにはこうありたい」などと、短期的な目標を設定し、企業や職場をその目標にとって良い機会を提供してくれるかどうかで評価します。(p.52)


我々を取り巻く環境は成長意欲を刺激する物で溢れかえっている。この成長意欲に企業は答えていかなければいけない、というのは同意。

終身雇用が崩れた今、企業は社員の「雇用される能力」を支援していかなければいけない。若者の早期離職率を問題視して、簡単で楽な仕事ばかり与える、というのは間違っている。困難でやりがいのある仕事を与え、どこに出て行かれても恥ずかしくない人材を育成するというのが世の中の流れではないか。

現在は世界的不況の煽りを受けて、採用市場は極端とも言える安定至上主義に走っているが、定年まで安定を保障できる企業なんてあるのかな、と思っている。それより、もっと人生を冒険して面白がった方が良いのでは?、って思う。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/02/12(木) 15:02:02|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか | ホーム | 悩む力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/319-9b516826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。