FC2ブログ

Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える

結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える! (アスカビジネス)結局、どんな仕事でも楽しめる人がやりたい仕事に出会える! (アスカビジネス)
(2008/09/16)
中田 匡紀

商品詳細を見る


■ 内容

仕事に対するモチベーションについて書かれた本。タイトルの通り、どんな仕事を依頼されても、楽しめる人間が、最も伸びるし、楽しめなければ、やりたい仕事にも出会えないということが書かれている。

■ 感想

素晴らしい本だった。仕事に対するモチベーションが格段に向上するのを感じました。

特に、サラリーマンとビジネスマンの違いについて論じた以下の部分に共感を覚えました。自分はビジネスマンで在ろうと思いました。

「サラリーマン」-長らく日本経済を支えてきた企業戦士の呼称です。しかしながら最近、意識面でも「脱サラリーマン」が提唱され始めています。今、企業で求められているのはサラリーマンではなくてビジネスマンなのです。(中略)サラリーマンは会社に給料を貰いに来るのが目的の人、ビジネスマンは会社に仕事をしに来るのが目的の人です。このように、二つのタイプでは考え方や意識がまったく異なっているのです。(中略)サラリーマンタイプは、根底に「給料は労働時間の対価」という意識があります。(中略)一方でビジネスマンタイプは、「給料は生産結果の対価」という意識を持っています。(中略)サラリーマンタイプは仕事を与えると嫌がる傾向があります。自分の負担をできるだけ軽くしたいという考えがあるからです。(中略)ビジネスマンタイプは自ら進んで仕事に取り組む傾向があります。(中略)サラリーマン意識が強いと、仕事を与えられると貧乏くじを引いたように思ってしまうのです。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/01/06(火) 22:32:31|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<35歳までに必ずやるべきこと | ホーム | 6時に帰るチーム術>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/06(火) 22:35:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/06(火) 22:36:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/06(火) 22:38:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/01/06(火) 22:39:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rangeman123.blog119.fc2.com/tb.php/298-192163ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。