Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聞き上手になるには

フォーユー 聞き上手になるにはフォーユー 聞き上手になるには
(2008/04/10)
弘兼 憲史

商品詳細を見る


・内容
「島耕作」シリーズの著者が自分の人間観を語る。人間関係は「聞き上手」が最も重要であると考える著者は、この考えを元に「島耕作」の物語を描いていると言う。

・感想
大学時代の後半から島耕作シリーズを読み始めた。島耕作シリーズの良い点は、悪者がいないということ。一見して悪に見えるようなキャラにも、かならず良心を見せる描き方をしている点がツボだった。性善説を信じているので、僕にはこの人間模様がリアルに見えた。小説でも漫画でも、人間はこのように描いて欲しいと思っている。

本書で語られている著者の人間観だが、島耕作は僕の憧れでもあるので、興味深く読めた。聞き上手ってやや受け身すぎてストレスが溜まりそうだな、とは思った。だが、会話って相手が話しやすくなければ、こちらとしても楽しくないので、本書に書かれている聞き上手のノウハウは参考・実践したい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/04/30(水) 13:26:59|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Make-believe Meets Reality

CNN ENGLISH EXPRESS APR. 2008より「Make-believe Meets Reality」

・要点
Pinewood Stadioが映画「James Bond」シリーズ向けの大規模な計画を発表した。規模は$400,000,000(日本円で4兆円)。イギリス映画界の活性化を目的としている。
計画は、パリの町並みや、アメリカの大学などの世界の町並みを再現した映画スタジオの建設である。さらに、2000の居住スペースを設け、学生に映画作りを学ばせる。

・感想
投資額の大きさにビックリ。投資額の大きな半導体業界ですら数千億~2兆円とかだから、めちゃくちゃでかい。『James Bond』シリーズ見たこと無いけど、この投資を行っても、なお利益が望めるのだから、そうとうヒットするってことですよね。
映画のセットとして使う大学キャンパスを、居住スペースに住む学生向けの教育機関として使うアイディアが面白い。映画作りのはずが、街作りみたいになってるし。おそらく観光地としても解放されるだろうな。

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/30(水) 09:29:26|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  岳 (1) (ビッグコミックス)
   岳 (1) (ビッグコミックス)
    石塚 真一(2005/04/26)

・あらすじ
外国帰りの超明るい主人公・島崎三歩が、山で遭難した人々を救助する漫画。山での救助活動に長けた島崎だが、助けられる命もあれば、助けられない命もある。物語は一話完結で、遭難者、救助人の『心』を力強く描いている。

・感想
主人公の島崎三歩のキャラクタが大好き。山の遭難者は足を負傷して歩けなかったり、吹雪に遭って動けなかったり、もう絶望的なんです。そして、救助者の方は、遭難者を死体で発見するかもっていう不安を抱えていたりする。島崎は暗い気持ちになっている人々にいつも明るく接することが出来て、本当によくできたヒトだと思う。救助活動がどんなに過酷で悲惨であろうと変わらない芯の強さとでも言いましょうか。そういうのが島崎にはある。
それから、島崎は山での経験が豊かで、知識の量と勘の良さが半端ねえ。プロフェッショナルに行動する姿がカッコイイです。島崎は僕がこうありたいっていうのを体現したキャラクタでした。

ストーリーに関しては、救助物語お約束の展開でなく、死ぬヒトは死ぬところが、個人的に良かった。助けたい気持ちが強くても、死ぬ人は死んでしまう。努力すれば必ず報われる程、現実は甘くない。しかしだからこそ、命は尊いのだと思う。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/04/30(水) 00:41:41|
  2. 漫画・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国:音楽業界

米国では、レコード会社以外の会社と契約するアーティストも増えるなか、「音楽自体は関連ビジネス(コンサート、グッズ、ファンクラブなど)で収益を得るための広告でしかない」「ネット上の違法コピーはテレビやラジオで音楽が無料で流れるのと同じプロモーションと考えるべきだ」「ネット上では音楽自体は収益源ではなくコストセンターと位置づけるべきだ」といった極論も一部には存在する。ネットの破壊力はすさまじく、音楽業界はビジネスモデルを根本から変えようと試行錯誤しているのである。

「コンテンツは無料」の時代にいかに稼ぐかを考える インターネット-最新ニュース:IT-PLUSより引用】



上述の通り、楽曲さえも広告と考えて無料にする動きが出てきた。部分的には既に実現されている。消費者としては喜ばしい限りだ。僕はレンタルしかしないので、世の中の楽曲が全て無料になったら、音楽に直接払うお金がゼロになるのだ。

だが、コンサート、グッズ、ファンクラブでは、CDとか音楽配信で得られる収入を超えられないと思う。レコード会社の収入か、アーティストの給料が打撃を受けるのは避けられない。しかし、無料コンテンツの破壊力は凄まじく、避けることはできないのではないかと考えられる。

レコード会社は、新たな収入源を得ることが望まれる。僕は、楽曲の使用料やアーティストの肖像権で売っていくしかないと思う。企業の宣伝に使ってもらって、その収入を当てると。

こういったことは従来もやられていることだけど、ITで効率的に処理することで、CMの制作費・人件費の削減に取り組めば、受注を増やすことができると思う。手間とお金が掛かるから、CMって大企業しか作れない。中小企業にも使ってもらえば受注は爆発的に増える。またテレビCMだけでは受注数は限られるが、ネットの広告は膨大にある訳で、アーティストや楽曲を広告に使いたいという潜在的な需要は多いように思う。

例えば、顧客が「あのアーティストのあの曲で、この商品のCMを作りたいです」と言ったら、PC上の画像合成と音声合成だけで15秒くらいのCMを作れるようにしたりしたら、レコード会社的には原価ゼロで広告が作れるのではないか。
  1. 2008/04/29(火) 09:10:48|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


・あらすじ
ある日突然、首相暗殺の容疑をかけられた青柳雅春。組織的な追い詰めに、青柳は逃げ回る。

・感想
数多くの伏線があり、その回収が楽しい。小説を知的な運動と位置づければ、この本の運動量は莫大だと思う。小説を読む楽しさを再認識させてくれた良著です。
伏線の多さとともに、あとがきの淡白さもこの著者の特徴だろうか。こんな短いあとがきは見たことない。忙しいのか、気恥ずかしいのか、どっちだろう。後者だったら親近感が沸いて嬉しいけど。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/04/28(月) 06:02:35|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

In Need of Breathing Time

CNN ENGLISH EXPRESS APR. 2008より「In Need of Breathing Time」

今アメリカでは受験戦争による子供達のストレスが問題視されている。
ドラッグに走ったり、アルコール中毒になったりと。
カルフォルニアのカスティリア高校はこうした問題に対処すべく、スケジュールを見直したり、ヨガを必修科目に加えたり、と改革をした結果、生徒達のストレスを減らすことに成功した。
世の中にはカスティリア高校の制度は、社会に出る準備をしている子供達を甘やかしているだけだという批判もある。
だが、校長はこう言う。「現行のシステムは子供をロボットにするだけであり、正しい答えを吐き出すこと以外には興味を示さなくさせてしまうもので、長い目で見れば彼らの為にはならない。」
カスティリア高校によれば、生徒達のストレスを感じる割合は下がっているものの、成績は下がっていないとのことだ。

日本と同じことがアメリカでも起こってるのだな、と。
日本は「受験戦争」「ゆとり教育」「学力低下」を経て、また「子供のストレス」問題に直面することになるのでしょうか?

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/20(日) 16:55:30|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

異邦人

異邦人 (新潮文庫)異邦人 (新潮文庫)
(1954/09)
窪田 啓作、カミュ 他

商品詳細を見る


・あらすじ
主人公のムルソーは人と違った感性・価値観を持つ人間である。母親の葬儀には涙を流さず、葬儀の翌日に女と海水浴に行って、映画を見て、一緒に寝た。友人の女性関係に絡んで、殺人を犯した。法廷では彼の非人間的な感性を理由に死刑を宣告される。

・感想
何故、タイトルが「異邦人」なのか、その理由を読者は最初の数ページ目で気付き、ゾクっとすることになると思う。異邦人である主人公の視点から描かれていることが、この物語に異様な雰囲気を醸し出しており、興味深かった。主人公は一見すれば、無感動とか虚無的とかの印象を受けるが、それは相対的な価値観から見るからだということに読み進める内に気付いた。絶対的な視点から彼の思考を眺めれば、かなりのことに感動しており、そして、多くのことを考えていることに驚かされる。一般的な者とは対象が違うだけで。
高校時代、僕は「人は何故生きるのか?」について考えた。色んなことを考えた末、いつかは死ぬ人間に生きる意味などないと悟った。平凡な人も、人類史上で偉大な功績を果たす人も同じである。自分が世界に影響を与えたとしても、死んだら、その世界を自分は見ることが出来ない。死後に尊敬を集めても、虚無となった自分にとっては何の価値もない。とすれば、人生にある色んな出来事には大きな意味が無い。他人に誇れるくらい良い思い出があっても、死後の自分はそんなことを振り返ったりしない。存在が無くなった自分には何も考えることもできないのだから。人が大切にすべき数々の思いが無価値だと思った。ムルソーの価値観はこういうところを出発点としているのではないかと思う。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/04/20(日) 10:47:58|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタバではグランデを買え!

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
(2007/09/14)
吉本 佳生

商品詳細を見る


内容
ペットボトルのお茶はスーパーで買うか、コンビニで買うかによってかなり値段が変わっている。何故か? これを考慮するには、目には見えない「取引コスト」を考慮する必要がある。「取引コスト」とは、大雑把に言えば、売り手や買い手のかける手間を言う。消費者は手間がかけたくないから、コンビニのお茶に高いお金を払うし、店も少量しか置けない店舗の面積上、値段を高くせざるを得ない。これは、取引コストが両者の間でバランスが取れていないと商売が成り立たないことを意味しており、商売の成功の原則とも見れる。他にもテレビや、デジカメ、携帯電話の料金体系、表題のスタバ、100円ショップ、医療費など、身近にある商品の値段がどのように決定されているかを論じることで経済の面白さを表している。

感想
良著。身近な商品の値段に着目することで、企業努力とか、店と消費者との駆け引きとかが見つけられるところが面白い。取引コストの概念が個人的には新鮮だった。そういうものがあることは理解できても、ここまで支配的に値段を決定する因子だったのかと。原価ってめちゃくちゃ小さいじゃん、って驚いた。この本を読んでて、経済学部の学生はこんな楽しいことを勉強できて幸せだなぁと思った。

薄型テレビが年々何故安くなるのかとか、携帯電話端末が1円で売られてるのかとかは知っていることだけど、経済学者が語ると面白いっすね。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/04/19(土) 10:56:41|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一瞬の風になれ

一瞬の風になれ(全3巻セット)一瞬の風になれ(全3巻セット)
(2007/06)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


・あらすじ
高校陸上部の話。主人公の神谷はサッカーを断念して陸上の世界に飛び込む。プロサッカー選手になった兄や、トップアスリートの親友との人間関係を描きながら、神谷はどんどん速くなっていく。辛くて厳しい状況の中でも、前向きで真剣に練習に取り組む主人公の姿は、周囲に良い影響を与えていく。

・感想
主人公の人間性に惚れた。良い奴すぎます。コンプレックスを抱いて、ひねくれてもしょうがない環境なのに、前向きに頑張る姿は自然と応援したくなる。同情とかじゃなくて、主人公は本心から前向きだから余計に気持ちいい。
スポーツしてる奴らって明るくて人間が出来てて羨ましいです。ということで、僕も水泳のジムに通おうとしてたりする。体力つけなきゃ、人間関係も仕事も勉強も、何事も継続できないと思うのです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/04/13(日) 09:38:46|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イキガミ

イキガミ 1―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)イキガミ 1―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2005/08/05)
間瀬 元朗

商品詳細を見る


・あらすじ
この世界の日本では、小学一年生の時に全員が予防注射を受けるのだが、その注射には1000分の1の割合で殺人カプセルが混入されている。殺人カプセルは24才になった時に、宿主の心臓を破裂させるというものだ。誰に殺人カプセルが注射されるのかは分からないので、日本国民は「自分は大人になったら死ぬかも知れない」という思いで生きることになり、悔いの残らない生き方をするようになる、というのがこの法律を実施する政府の考え方。主人公は殺人カプセルを注射された人が死ぬ一日前に受け取るイキガミという死亡予告書を配達する役人である。物語はイキガミを手渡された人が死ぬまでの24時間を描く。

・感想
めっちゃ面白い! お薦めです。この漫画の政府の考えは人の命を奪いながら、人の命の尊さを説くという逆説的なものだが、これまで悔いを残してきた人間として、何となく分かります。死ぬ覚悟が無ければ、出来ないことはたくさんあるって思う。
つい先日、同じ寮に住んでる人が自殺した。大きな寮なので、全く面識が無いのだが、知らせを聞いてビックリした。これが社会人かって。で、友達何人かと暗い気持ちになってた。働いてるうちに、自分らのうちの誰かはこうなるんじゃないかって不安を考えながら、でも口にはしないで。社会人ってやらなきゃいけないことが多くて、いやなことから逃げてこれた学生時代を自覚している自分からすると、漠然と怖いんですよ。この先の未来が。
そんな暗い雰囲気の中で、友達の一人が、自殺する気になれば何でもできる、って言ったんです。人類の歴史上、おそらく一億回くらい発せられたありふれた言葉だけど、何か元気が出た。この漫画はそんな心境を描いたものだと勝手に思ってます。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/04/12(土) 22:46:50|
  2. 漫画・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Veggie Electronics

今日の英語学習のタイトルは「Veggie Electronics」の前半。

ソニーがブドウ糖で発電するバイオ電池を開発したというもの。
人間が砂糖を酵素で分解してエネルギーを得るのと似た方法で電力を生み出しているそうだ。
年々家電の消費電力が増加する中で、クリーンな電力開発は意味がある。

二連続でエコ関連のニュース。
それだけ期待されている分野だと受け取ろうと思う。

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/06(日) 16:27:00|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネット開通

東京に引越しして、やっとネット開通。
ネットなしの生活は結構暇だった!
テレビも無いしね。
  1. 2008/04/05(土) 20:55:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Electrifying Idea

引越ししてからもまだ英語の勉強は習慣的に続けている。
昨日読んだCNNニュース記事は「Electrifying Idea」というタイトル。

昔、バリのさんご礁は、漁師たちが爆弾でたくさん破壊した。
これは漁業のためであったが、そのせいで海は汚れ、魚も寄り付かなくなったという。
さんご礁の浄化作用の知られていない時代だ、仕方が無かったのかも知れない。

しかし、最近、このさんご礁を再生する方法(バイオロック法)が見つかり、実践されている。
バイオロック法とは、さんご礁の周りにちスチール製の骨組みを沈め、これに微小な電流を流すというもの。
バイオロック法によって、バリのさんご礁が劇的に復活しているという。

さんご礁の復活により、バリのリゾート客が増えたのそうだ。
そして、その収入で、さらにバイオロック法を導入し、さんご礁をさらに再生させる動きがある。
バイオロック法はそれほどお金が掛からない方法なので、近い将来、完全復活となるかも知れません。

科学技術の発展が地球環境を破壊する一方で、再生する技術も開発されている。
地球のことをいたわれる技術開発の仕事は尊敬します。
同じエンジニアとして、他人に誇れる成果って羨ましいです。
僕が関わる分野にも地球の為になることはたくさんある訳で、まずは技術を身につけなければ。

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/05(土) 15:54:21|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。