Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社宅の案内が来た

ついに就職先の社宅の案内が来た~。
でも、お金貯まったら引越しだろうな。

まず寮なのに通勤一時間っていうのがビビッた。
嫌がらせかと思った。
終電一時間前に帰れると思えば、良いことなのか知らんが、もうちょっと良い寮は無かったものかと。

部屋はほんの少し広いビジネスホテルのような感じ。
ベッド、机が備え付けであるが、その所為で残りスペースが小さいのが難点。
コタツかテレビかの一択というくらいの狭さだ。
テレビはPCで代替するか。
教授いわく、社会人は忙しすぎて、テレビなんて見る暇も無いそうだけど。

まあ二人一室の寮なんていうのもあるみたいだし、そんな時代に比べれば遥かにマシか。
テレビとか食事は共有スペースですんのかな。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 23:19:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラクエ3 強敵マリンスライム

Dragon Quest 3 (J)_000


ロックマンと聖剣3をクリアしてドラクエ3に回帰。
ドラクエ3は12月ごろに始めたんだけど、ずっと放置したまんまだった。
3ってストーリーが無いようなもんだから、放置すると次に何するのか忘れてしまうのが困りどころだ。

今は船をゲットして世界を旅しているところです。
この辺の雰囲気はドラクエ6と似てる。
6もムドー倒してからはフリースケジュールで途方に暮れたもんだ。
個人的にはもう少し進行に制限をつけて、ストーリー性を出してる方が楽しいんだけどな。

マリンスライムのスクルト連打が強くて、逃げた。
よくよく考えると、呪文使えばいい話だったんだけども。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/01/30(水) 21:32:47|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣3 完

Seiken Densetsu 3 (J)_001


大分前のことだけど、竜帝を撃破して聖剣3めでたくクリア。

最終戦はアンジェラのエインシャントが強かった。
うちのパーティでダメージ950は他のキャラには不可能な強さで、やっぱり魔法使いだなぁという感じ。

エンディングはよく分からんかった。
ストーリー自体それほど深みがあった訳じゃないので、オチもイマイチ。
昔やって印象に残らなかったんのはこの辺が理由かな。

でも聖剣3はキャラクタの魅力が半端ないと思った。
台詞回しが臭すぎず軽すぎず、おまけに個性もあってよかった。

システム面ではクラスチェンジか。
自由すぎるのも制限がきつすぎるのも嫌だけど、このくらいの制限と自由度は丁度いい。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/01/30(水) 00:00:31|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんばでジャガー

001_20080120235230.jpg


難波へ劇場版ジャガーを観にいった。
正直なところ面白くなかった。
だが、ジャガーって変な人たちを白け顔で見つめるのが基本の漫画なので、劇場を含めてジャガーワールドが出来ていたと言えば、間違ってないかも。
まあ、個人的に実写よりアニメーションで作ってくれた方が良かったと思う。

映画後はなんばパークスで鉄板焼きを食べた。
難波って綺麗なお店が少ないけど、パークス内の店はどこも小奇麗でいい。
飲み直しに行った焼肉屋のみすぼらしさで実感した。
会話は卒業旅行のこととか、卒業前にしたいこととか。
残り二ヶ月、思い出に残る面白いことが出来そうな気がしてきて嬉しい。

何をするにも気持ち次第だな。
  1. 2008/01/21(月) 00:15:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロックマン&フォルテ クリア

Rock Man  Forte (J)_006


ついにクリア。

ラストステージは恒例の8大ボスとの再戦だった。
初めて戦ったときは弱点武器がなくて、ロックバスターで戦わざるを得なかったので随分苦戦したが、弱点武器がある今回は手玉に取ってやることが出来た。

そしてラスボスのワイリーマシーンは結構な雑魚だった。
多分ロックマン7のワイリーの方が強かったと思う。
E缶が廃止された今作なので、あんまり強いと倒せないんだけども。

いやあ、それにしてもロックマン&フォルテは面白かった。
頭を使わないと攻略できないステージ構成は、ロックマン至上最高傑作といっても過言ではない面白さだったと思う。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/01/20(日) 01:23:22|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣3 ラスボス一歩手前まで

Seiken Densetsu 3 (J)_001


レベルを上げ、クラスチェンジを果たして、ドラゴンズホールを攻略。

クラス3では、アンジェラをメイガス、デュランをパラディン、リースをスターランサーに進化。
ここに来て大化けしたのがリース。
全体掛けできるステータスアップ魔法がボス戦も雑魚戦も重宝する。
リースはMPが高いので、戦闘の度にステータスアップしてから戦うことが出来る。
これまで戦闘のたびに死に掛けていたが、これによって高速かつ安全に蹴散らせることができるのだ。

ドラゴンズホールではデュランの父親との戦闘に始まり、これまでに倒したボス3匹のパワーアップ版と戦った。
ボス戦ばかりだが、弱いボスばかりなのでアイテムを温存していけた。
むしろ雑魚戦のが苦労したくらいで、回復ポイントがダンジョン内に無いので、ボス戦後のHP/MP完全回復を目当てに戦ってるかんじだった。

ドラゴンズホールの最後に待ち構えていた紅蓮の魔術師はこれまで見たことがないくらい魔法を絶え間なく連発してきて、戦い辛かった。
聖剣3では魔法を使う場合、詠唱時間が必要なのだが、この詠唱時間はエフェクトやリングコマンドを呼び出している時間も含んでいるので、こちらがアイテムや魔法でエフェクトをかけたら、その直後に敵の魔法が飛んでくる。
まあ要はこっちが回復アイテム使ったら実質詠唱時間ゼロで相手が魔法を撃ってくるという感じ。(完全なバグだが、逆に利用してこっちも詠唱時間ゼロで魔法が撃つこともできる)
だからこのボス戦は不用意に魔法やアイテムを使えず、リングコマンドを開いて考えることもできない何とも嫌らしい強さだった。
  1. 2008/01/18(金) 23:42:36|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ロックマン&フォルテ

褒められた


ラストステージ2面。
このステージでは厄介な中ボスとの二連戦に続き、待ち構えていたのは本作の元凶と思しきキングだった。

でもロックマン恒例のボス8連戦がまだなので、ラスボスはもう一人いるのだと思う。
まあ多分ワイリーだろうな。
  1. 2008/01/18(金) 01:07:39|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックマン&フォルテは最終作にして真骨頂

8つのボスステージを何とかクリア。
一回のコンテニューでは越せないステージ、ボスだらけだったが、諦めずに頑張れば何とかなった。
この難解なステージをノーミスでクリアできたらさぞ気持ち良いだろうなと思う。

道中で貯まったネジを使って、パワーアップパーツをいくつか作った。
ショートチャージや防御アップは凄く便利で、攻略が幾分か楽になった。
ネジは苦労した分だけ多く手に入るので、下手な人ほどロックマンが強化されていく仕組みである。
ロックマン7にも同様のシステムはあったけど、今回のような下手な人をフォローするといった面は薄く、E缶や1UPを簡単に手に入れられるだけのものだった。

最後のキングステージはこれまでの特殊武器を駆使しなければ前に進めない仕様になっていた。
従来のロックマンシリーズでは下手な特殊武器を使うよりも、ノーマルで進めた方が安全なところがあったので、特殊武器は主にボスを攻撃する為の道具でしかなかった。
知恵を使って攻略する過程はとても楽しく、特殊武器の存在感も出てきたという訳だ。

また、従来のボス戦では弱点武器を使えば、相当楽に勝てていたけど、今回は弱点武器を使っても、パターンを読まないと絶対勝てないようになっていた。

残念ながらロックマンシリーズはこの作品を最後に作られていないのだけど、最後の作品にして大幅に作品思想がよくなったなと思った。
小さい頃からロックマンに親しんできたゲーマーには刺激的なゲームになっていたと思う。
少なくとも僕の中ではシリーズ至上、最高傑作である。

ゴリ押しで越せるソフトが氾濫する現在において、シリーズがここで途切れているのは分かるのだが、カプコンにはもっと続けていって欲しいなと思った。
  1. 2008/01/17(木) 04:06:03|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックマン&フォルテ

難易度が非常に高い。
最近やったロックマンシリーズの中でも最難関かと思われる。

ボスも難しいが、それ以上にステージに手こずる。
仕掛けられた罠が多く、初見でクリアするのはまず無理だ。
消えるブロックのステージは何十回と失敗してやっと越せた。
ボスも僅かな隙を見つけないと玉が当たらなかったりするのでゴリ押しは不可能。

この難しさ、絶対クリアしてやると思った。
  1. 2008/01/16(水) 02:15:19|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣伝説3 神獣戦完

月、木、闇の神獣を倒して、神獣戦終わり。

闇の神獣はこれまでの中で最強の敵だった。
魔法攻撃が強烈すぎて仲間がバッタバッタ死んだ。
勝てたのがちょっと不思議なくらい。

そしてラストダンジョンな訳だが、やはりレベルが34までしか上がらなかったので、ガラスの砂漠で修行しようかと思う。
???の種も一つしか手に入ってないし、武器防具の種も揃えたいところ。
  1. 2008/01/15(火) 19:12:25|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックマンX3

ロックマンX3をプレイ。

クロスチャージとゼロセイバーが非常に使い辛い。
撃った後が操作不能になって、敵の攻撃を避けれないのだ。
ゼロセイバーにいたっては、壁蹴りまでキャンセルされる。

アクションゲームって操作性が命だから、こういうのはしっかりしてほしいです。
  1. 2008/01/15(火) 00:34:08|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣伝説3 神獣戦

神獣戦に突入。
土、氷、風、火、光の5匹を撃破した。

土、氷、火は弱点攻撃で楽勝ムードだったが、風、光の神獣は回復アイテムをほとんど消費してやっと勝てた。
Lvが低すぎるのに加えて、回復魔法役がいないのが原因と思われるが、まだ楽しめる難易度だと思ってる。

アンジェラの物理攻撃はだんだん弱くなり、雑魚戦でも魔法攻撃が主体となっている。
だが、MPがかなり上がり、弱点魔法をほぼ無限に連発できるのでかなりの戦力になった。

そろそろ最後のクラスチェンジをしたいところだが、まだまだLvが足りていない現状。
ていうか、ラスボスまでにLvが自然に上がるとも思えないので、どっかで修行する必要がありそうだ。
  1. 2008/01/14(月) 15:43:31|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超魔界村

有野の挑戦で魔界村に挑戦してる回の動画をyoutubeで見て、そういえば、自分も小学校の頃、借り物の超魔界村に手も足も出なかったことを思い出した。
で、エミュレータでクリアを目指すことにした。

小学校の頃の印象そのままに難易度は異常に高かった。
ジャンプ中に方向転換できないのが特に厳しい。
操作に慣れるまで何度穴に落ちたことか。
使えない武器も多すぎで、松明なんか罠なんじゃないのかと思うくらい使いづらかった。
後半戦でレッドアリーナがいっぱい出てくる所があり、それまでレッドアリーナは逃げてばっかりだったので、もうだめかと思った。
たまたま装備してた弓矢が当てやすかったので勝てたが、あれほど恐怖したことはない。

最後のボスを倒すと真のエンディングはやっぱり二週目とのことだった。
でも、小学校の頃進めなかったゲームを制覇できただけで、自分的にはもう十分なのであった。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/01/11(金) 20:27:53|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣3 クラスチェンジ

関西弁のウンディーネを仲間にしたところで、クラスチェンジ。
アンジェラは闇、デュラン・リースは光に進ませた。

クラスチェンジすると全てのステータスがクラス特有の設定値になる為、攻撃・防御が紙だったアンジェラも殴りに参加できるようになった。
クラスチェンジ前は攻撃を四発食らえば死んでしまうくらい脆くて、雑魚戦は影に隠れて魔法を唱えてたから、凄い進歩。
知性極振りなどはやめて、これを機にバランスよく育てようかなと思う。

デュランが回復魔法を覚えたのも嬉しい。
これでパックンチョコをダンジョンで消費することなく進める。
リースはレベル2の全体攻撃技が強力で、雑魚戦に重宝してる。
  1. 2008/01/10(木) 01:47:54|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖剣伝説3

をやってる。

このゲームは中学の時に多分やったような気がするソフト。
けど物語とかシステムとか全く覚えてない。
2もやったけど全く覚えてないソフトなので、中学生や小学生だった自分にとっての聖剣シリーズはかなり影の薄い作品だったんだと思う。

今回の主人公はセクシーなアンジェラ。
仲間はデュランとリース。
見た目で気に入りそうなのを選んだ。

アンジェラは魔法しか長所がないので雑魚戦は全く使えない。
他の二人(CPU)に行動させて、アンジェラは逃げて魔法を使うっていう戦法を取っているのだが、かなり頼りにならない主人公な気がする。

それにしても回復アイテムをこんなに消費しながら攻略するRPGは久しぶり。
ボス戦では忙しく回復と魔法コマンドを入力し続けなければならないが、ドロップもチョコも聖杯もなくなって万事休すっていう時に勝てた時はかなり嬉しかった。

現在、火山を攻略中。
  1. 2008/01/08(火) 20:57:49|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うみねこ Ep2

うみねこEp2終わり。

Ep1ではナツキが生き残って子供たちを守ってたけど、Ep2ではローザが生き残って似たようなことになってた。
次回、次々回も同様に大人が一人生き残って、リーダーとなって惨劇に立ち向かうっていうストーリーなのか。
つまり、Ep7くらいまで続く予定ってことで先は長い。

Ep2ではプロローグからいきなり魔女が本編に出てきた。
魔女が魔法を使って、家具がファンタジーな武器で対抗したりと、あの描写をそのまま信じれば、「うみねこのなく頃に 解 皆殺し編」みたいな感じだった。
しかし、雛見沢症候群みたいに登場人物の幻想だという可能性も否定できないので、まだ魔女の存在は保留にすることも出来る。
となると、どういうスイッチで魔女が見えるようになるのかが問題となりそう。
マリアは魔女の存在を認めれば見えるようになると言ってたが、最も魔女を崇拝している金蔵には見えず、否定していたローザには見えていたことから、違うっぽい。
とりあえず、雛身沢症候群みたいに疑心暗鬼を引き金にして、魔女が見えるようになったり、魔法に騙されるようになっていくものと推測できる。
まだ表には出ていなくても、バックストーリーとして登場人物が神経衰弱状態になってる可能性はでかいし。
このように考えると、劇中で起こる異常な殺人劇は犯人がみんなを疑心暗鬼状態に陥れる為の演出だと考えることが出来る。
疑心暗鬼に陥れて魔女を崇拝させるように仕向けて、、、その後はまだ分からない。

しかし、魔女存在説を否定すると、誰がマリアに『礼拝堂の鍵』を渡したのかとか、誰がローザに『魔女の手紙』を渡したのかが問題となる。
マリアは怒ったローザを指して「魔女に憑りつかれた」とか言ってるので、親族の誰かがベアトの振りをしてマリアを騙した可能性が考えられる。
となると、同時に魔女の手紙を受け取ったと言っているローザは、犯人とグルということになる。

犯人グループの一味であるはずのローザがEp1では最初に殺されてるのが疑問となるが、ローザの死体は顔が潰されていたので、あらかじめ死体を入れ替えてるんだと思う。
ローザとグルとなっているのは誰かと考えると、Ep1とEp2で生き残っている人間が怪しい。
Ep1と2で共通して生き残ってるのはバトラ、マリアだが、何かこいつらが犯人っていうのはせこいような気がするので、2つの殺人グループの存在や、途中で仲間割れが起こった可能性が示唆される。

まだまだ可能性だらけで1つには絞り切れない。
前例のひぐらしを考えれば、そもそも連続殺人事件なのか個別の事件なのかも疑わしい。
せめてもの救いは今回からベアトが真実を赤文字でしゃべるようになったことだけど、それでも、「うみねこのなく頃に 解」が出るまで正解は誰にも絞れないんだろうな。
  1. 2008/01/07(月) 23:17:35|
  2. ゲームレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーゲン

バーゲンに行って来た。
ただ、箪笥の中のラインナップには十分満足してるので、 急いで買いたいものがなかった。
行ったのは友達の誘惑に乗せられたから。

だが、そんな風に買う気がなく行った買い物だけど、人の買い物に付き合ってるうちに購買意欲がふつ湧いてきた。
売り場の靴を見ながら、靴とかもう結構買い換えてないことに気付いたり、今まで持ったことないけど定期入れとか有用かも?と思ったり。
今日は良い物が見つからなかったので買わなかったけど、近日買い探しの旅に出かけるつもり。
というか、まず髪の毛切らないとな。
  1. 2008/01/04(金) 00:07:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポジティブに

今年は年男の癖に、厄年らしい。
厄除けのお守りを母と姉に貰った。

その効果かどうか分からないけど、今日昼寝して、目覚めた時、ネガティブでひねくれた気持ちがパーッと晴れて、まっすぐ生きようと思った。

そもそも何故ネガティブになってしまったのか分からないんだけど、12月くらいから陰鬱な気持ちで生活していたと思う。
神経が過敏になってて、予期せぬ刺激を怖がって、研究室に行くのも、友達と遊びに行く時さえ、とても憂鬱だった。
12月最終週は家にこもってネットとゲームで自分の時間の大半を過ごしていたと思う。
勿体無いけど、それくらいしかすることがなかった。
ゲームは途中から物凄く飽きていたんだけど、英語の勉強とかやらなきゃいけないことは全然やる気になれなかった。
それを外部からの強制力が無いからと自分に言い訳してたことも覚えている。
たった一カ月ほぼの欝状態だったけど、昨日の自分のままだったら、この先大きく破綻していたに違いない。

ネガティブになった原因も、今日またポジティブに切り替わった原因もよく分からないので、人間の人生は見えざる何かに支配されてるのかと思った。
しかし、このスイッチを自分で管理できれば、何があっても大丈夫なのに。
  1. 2008/01/03(木) 01:53:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。