Reading Innovation >>>

'09の読書目標は年間120冊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】
(2009/09/04)
小宮 一慶

商品詳細を見る


前著を【基礎編】とリロケーションし、本書を【実践編】としているそうだ。重複が多いと思われるが、【基礎編】で書かれていたことも少し忘れ始めていたので、良い復習になった。

財務諸表は企業の経済活動を写す鏡だ。財務諸表を読み解くと、戦略や思想が透けて見えて面白い。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/11/07(土) 09:18:29|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

法律力

法律力 (アース・スターブックス)法律力 (アース・スターブックス)
(2009/10/22)
清水保晴伊藤愛彦

商品詳細を見る


ビジネスマンに必要な法律の知識をまとめた本。サラリーマンの私にとっては「懲戒免職」が目からウロコだった。会社都合と個人都合では支払われる退職金が全然違うため、注意が必要だ。なかでも、懲戒免職は就業規則違反という普段はまったく気にしないことをつつかれて、個人都合の退職に追い込む方法なので気をつけないといけない。就業規則なんて日常ではほとんど意識しないことだけど、ここには法律力という魔物が潜んでいるのである。
  1. 2009/10/31(土) 08:35:27|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽気なギャングの日常と襲撃

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
(2009/08/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


友人から薦められた本。個性的な四人の銀行強盗が活躍する楽しい話でした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/31(土) 08:28:47|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マクロ経済学入門

マクロ経済学入門 (日経文庫)マクロ経済学入門 (日経文庫)
(2007/01)
中谷 巌

商品詳細を見る


経済学にはミクロ経済学とマクロ経済学がある。ミクロ経済学は動きの根拠を扱うのに対し、マクロ経済学は経済指標の動きそのものを扱う。

で、本書が扱うマクロ経済学だが、経済政策の効果などを数学的な方法で証明しようとするところは新鮮だった。金利と貨幣需要を単純な比例関係で扱うなど、出発点の仮定の根拠が乏しく、信頼性はかなり低い学問だが、逆に答えの無い問題に対するアグレッシブな姿勢は好きだな、と思った。

ミクロ経済学も読んでみようかな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/25(日) 09:09:24|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中南米が日本を追い抜く日

中南米が日本を追い抜く日 三菱商事駐在員の目 (朝日新書)中南米が日本を追い抜く日 三菱商事駐在員の目 (朝日新書)
(2008/06/13)
石田 博士

商品詳細を見る


経済成長が高いBRICsの、Bであるブラジルとか中南米について扱った本。BRICsではインドと中国が目立っていて私の知識もこの二者に偏っていたので、ブラジル・ロシアについては知りたいなと思ってた。

中南米の特徴は資源大国であるという点。農産物・化石燃料・バイオエタノールなど、資源にアドバンテージがあり、外需によって経済成長が起きている。東アジアが消費大国として成長しているのとは、対照的だった。

これまでの歴史から、発展途上国から先進国に至るまでの過程は、
(1) まず安い人件費と土地に目をつけられ海外企業が進出し、
(2) 輸出による利益により、貨幣価値と対外国民所得が上昇し、
(3) 消費市場としても成熟していく
というパターンだった。実際韓国も中国もインドもこのパターンだった。

だけど、中南米に関してはどうも当てはまらない気がする。今の所、中南米は外需一本で、消費市場としてはほとんど注目されていない。輸出で成長する限り、為替の変動が阻害要因になるはずなのだが、輸出の増加がそれを無効化しているのが現状だ。消費市場として成長し始めないと、どこかで需給と為替が逼迫し、成長が止まる気がする。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/18(日) 09:17:31|
  2. 読書(活字)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

fuku

Author:fuku
東京在住。

通勤中の読書が何よりのリラクゼーション。
小説・自己啓発・実用・ビジネス・雑学、、興味を持ったら何でも読みます。

お薦めの本があったら教えてくださいね。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。